あとがき &c.

カルチュラル・グリーン第1号(2020)あとがき

  • 『カルチュラル・グリーン』は人と自然の関係をテーマとした学際研究のプラットフォームである。人間にとっての自然は関係性の中にある。自然科学だけでは解けない謎も多い。自然の暴力的な側面を目の当たりにしたとき、人々は途端に自分たちの無力を感じて饒舌になる。水や火や照り付ける太陽のつらさを思い、人々に困難をもたらす自然に介入し人を助ける学問の名を探す。そうしているうちに自然との対話を忘れてしまう。
    私たちの取り上げる自然は決して馴致されない領域を持つ。他者なるものとしての自然と人間との緊張関係の中、生み出される人々の営為を見つめるのである。すると見えてくるものは解剖可能な自然現象から解の得られるものだけではない。人々の心に表象される関係の意味が出来事を規定している。第1号では様々なテーマから考察が展開された。紅茶プランテーションの盛衰の歴史を経て、残された人々の未来に寄り添う暮らしの形はあるだろうか。花をデザインする心に宿る近代合理主義が捨て去ったものは何だろうか。土地の自生種を育てる人々と、消えた先住民の知恵との間にどんな架け橋があるのだろうか。そして、自然から無理強いされるように与えられる豊穣や余剰の果てに、太平洋の島々の取り返しの仕方なさを記述することの意味は?今後これらの考察が、木々が育つように葉を広げ、これまで与えられていなかった視野を拓いていくことを願う。WI
  • 表紙デザイン・撮影:石倉和佳(20190812)
    於国立民族学博物館 インフォメーション・ゾーン展示物、および
    パプア・ニューギニア 盾の文様
  • 『カルチュラル・グリーン』は、2015年から2018年まで発行された『ガーデン研究会ジャーナル』の後続誌である。第1号の発行は、日本学術振興会科学研究費助成、19K04820および18K00423による。

カルチュラル・グリーン第2号(2021)あとがき

  • 『カルチュラル・グリーン』は人間生活と自然との関わりを学際的に問うプラットフォームであり、2020年3月に第1号が発行された。奇しくもその後、新型コロナウイルス感染症が世界的に流行することとなり、日本でも新しい生活様式が求められる中、オンライン研究会を開催するなどして議論を深め、本号の刊行に至った。
    未知の自然現象を前にして、スケープゴートを探すかのような報道が日夜繰り返される事態に戸惑いを覚える。自然には不可知な領分があるという単純な事実が共有されていないように思われる。この不可知性を感じながら、古来、人々は畏怖の念や存在の真理を宗教や芸術として表現し、現象を分析する眼を科学として共有してきたのではなかったか。今一度、自然との間合いをはかり、泰然自若の精神で事態の推移に応答したいものである。
    第2号では、自然と人間との関わりあるいは自然物をめぐる人間どうしの関わりについて考えるという共通認識のもと、太平洋の航海、イギリスのインテリア、ベルギーの装飾芸術、スリランカの住まい、フィリピンの言語、という世界各地を舞台としたテーマが論じられた。バンクーバー船長の評価の変貌、近代住宅における壁面分割の変容、世紀末における原始回帰、スラム再定住の動向、動植物の名詞からの動詞派生、など種々の動態から学ぶものは多い。MS
  • 表紙デザイン・撮影:石倉和佳
    国立民族学博物館 インフォメーション・ゾーン展示物(20190812)
    兵庫県高砂市 出石(おうしこ)神社にある石の宝殿の巨岩壁面、および神社の狛犬の背(20200718)
  • 『カルチュラル・グリーン』は、2015年から2018年まで発行された『ガーデン研究会ジャーナル』の後続誌である。第2号の発行は、日本学術振興会科学研究費助成、19K04820および18K00423による。
PAGE TOP
Copyright © Cultural Green All Rights Reserved.